July 31, 2006

Adobe IDEAS 2006

マクロメディアとアドビが一緒になった
そしてマクロメディアな楽しさはこうなった

アドビさんからのイベントのご案内です
後で感じたのですがパフォーマンスがcell/66bって
モロCreativeCusterファミリーなのですね!?
どおりでといあわせふが多かったのか・・・

Adobe IDEAS 2006

アドビ システムズ 株式会社は、8月4日(金曜日) に、アドビ システムズ 社とマクロメディア社統合後初めて、Web デザイン、グラフィックデザイン、映像制作に携わるクリエイターの皆様を対象としたイベント 「Adobe IDEAS 2006」 を開催いたします。
新生アドビはアドビ・マクロメディアのスピリットを受け継ぎつつ、印刷、Web、ビデオといったメディアの境界線をなくすことによって、デザインの世界の可能性を更に広げていきます。

本イベントは、今後のアドビのテクノロジー、クリエイティブツールが提供する、果てしないデザインの可能性を、デモを交えて体感していただきます。また、ビデオと Flash、デザインと Flash の融合を、業界のトップランナーをゲストスピーカーとしてお招きし、ご紹介いたします。どのセッションもこのイベントでしか遭遇することのできない内容となっております。

セッション終了後は、豪華なアーティストによる音楽とパフォーミングアートでお楽しみいただき、さらに、本イベントに参加の皆様全員に、スペシャル・ギフトをプレゼントいたします。

皆様のご参加をお待ちしております。

日程 2006年 8月4日(金曜日)
時間 13:00 - 20:30 (12:00 開場)
会場 Studio COAST 新木場・臨海・江東区
参加費 一日通し券: 4,500円 (税込) (事前登録制/全セッションおよびスペシャルイベント参加可)
定員 900名 (要事前登録/定員になり次第締め切らせていただきます)

○ お申し込み、詳細はこちらのリンクへ https://www.info-event.jp/adobe/ideas2006/

参加者全員にスペシャル・ギフトをプレゼント!
まだどこにもない、レアな USB メモリ (予定希望小売価格 4,000円) を、発売前先行で、本イベントにご参加いただいた方のみ、全員にもれなくプレゼントいたします。
メモリの中にもスペシャル・プレゼントが入っています。お見逃しなく!

● プログラム

12:00 開場
13:00-14:15 基調講演 「Where are we going ?」
アドビシステムズ本社 Web & ビデオグループ バイスプレジデントのジム ジェラルドがアドビの今後の方向性についてお話しいたします。

アドビ システムズ社
Web & ビデオ製品担当 バイス プレジデント
ジム ジェラルド
14:15-14:30 休憩
14:30〜15:45 セッション1 「Video meets Flash」
ミュージックビデオや CM を手がけてきた菱川氏が Web という媒体で Video を使うことをどう捉えているのか? Web ならではの映像表現の事例を交えながら紹介します。

[ゲストスピーカー]
STANDARD SERIES INC.
15:45〜16:00 休憩
16:00〜17:15 セッション2 「Design meets Flash」
Adobe PDF と Flash の先に広がる世界を表現する 2 組のクリエイターに登壇いただき、作品紹介を交えながら 「その先の世界」 について語っていただきます。

[ゲストスピーカー]
株式会社 Eat Creative
Basement Factory Productions Co., LTD.
18:30〜20:30 スペシャルイベント

[出演予定エンターテイナー]
書道家 武田双雲
コラボレーションユニット Cell/66b
DJ: TOWA TEI
VJ: PowerGraphixxx
※立食形式で、軽食と飲み物をご用意しております。

■ Adobe Bar (Open: 13:00-20:00)
プールサイドの Bar で、すべての Adobe 製品を体験していただけるエリアです。

■ Adobe Area (Open: 13:00-20:30)
Adobe 製品を使って制作されたビデオとアニメーションをお楽しみいただけます。

■ Adobe DJ ブース (Open: 17:15-18:30)
リラックスした環境で、マルチクリエイター高木敏光氏 によるトークとデモンストレーションをお楽しみください。

○ お申し込み、詳細はこちらのリンクへ https://www.info-event.jp/adobe/ideas2006/

July 2006その他のエントリー

  1. July 27, 2006

    1. 東京や横浜で新しいアートの担い手の若者はこれからどのように活躍できるのか?
      クリエイティブクラスター 北仲OPEN! トークプログラム

  2. July 26, 2006

    1. Pain Station 2 使用上の注意

  3. July 25, 2006

    1. 『ヨコハマEIZONEシンポジウム』 映像ユビキタス時代のパラダイムシフト
      〜どう変わる?産業、文化、社会

  4. July 24, 2006

    1. 過激なゲームマシーンアートとアウトサイダーグラフィックによる先端アートの部屋がヨコハマEIZONEに出現

  5. July 21, 2006

    1. YOKOHAMA WONDER ROOM LIVE PAINTING 7.23

  6. July 20, 2006

    1. 『「日本のポップパワー」横浜会議』開催

  7. July 15, 2006

    1. 日本のメディア芸術100選 みんなの投票受付中!

  8. July 12, 2006

    1. 負けるとお仕置きされるゲーム機 Pain Station 2 横浜で日本最終公開

  9. July 09, 2006

    1. Pain Station2公開が「ヨコハマ経済新聞」2006年上半期PV1位に!

    2. Pain Station 2 Press Pictures